畳の古びた和室を洋室にリフォーム

畳の古びた和室を洋室にリフォーム

当方が居住しているのは築30年以上の板橋区に注文住宅で建てた木造住宅なのですが、長く住んでいると畳がいたんできます。
そこで大抵の方は畳の交換を考えるのでしょうが、当方は畳の和室ではなく洋室にリフォームする事を考えました。
その理由は畳というものが消耗品ゆえ交換が必須なのが面倒だったからです。
では実際に敷いてある畳を撤去し、どのようにリフォームしたかといいますと、畳を剥がした下地に角材で枠を設置してゆき、その上から合板を敷いて最後にフローリング柄のクッションフロアを貼って完成になりました。
そうする事で畳の交換なんかも不要になり、またジュース等の飲み物をこぼしても畳のように染み込まないので表面を雑巾で拭きとれば臭いやシミなんかもありません。
そんな訳で畳の上での生活よりも快適に過ごせるのですが、2点だけ難を申しますとやはり直に座るとお尻が痛くなってきますし、耐熱の上では畳ほど優れておりませんので、夏は暑く冬は寒いというのが正直なところです。