我が家の住宅リフォーム

我が家の住宅リフォーム

私の家は築50年以上の祖父の代から受け継いできた建物で、そろそろ老朽化が気になり始めていた時期でした。

とくに雨漏りがひどく、少しくらいの雨でも壁や天井にシミが出来てしたったので、思い切ってリフォームをすることにしたのです。

業者に雨漏り調査などをして点検してもらった結果、トタン屋根の塗装がほとんどはがれた状態で、内部も錆でボロボロになってしまっていたのです。

この状態ではいくら塗装を塗り直したりコーキングを施してみても、しばらくは雨漏りが止まるかもしれないが、すぐに再発すると言われ、屋根部分の全体的な改築工事をすることになりました。

しかし問題は予算が少なく、業者に相談してみたところ比較的安価な屋根カバー工法と言う方法でリフォームすることをすすめられました。

屋根カバー工法と言うのは、従来の屋根部分はそのままにして新のその上から新しい屋根を設置していくという方法です。

この方法なら解体に掛かるコストが無くなり、結果的に予算内で戸建て住宅の屋根のリフォームを終えることが出来ました。